« 無料体験を利用する | ホーム | 引越した先での挨拶 »

2012年12月21日

ビタミンと育毛の関係

ビタミンが体に良いこと、必要なことは誰でも知っていることです。ビタミンの働きは、他の栄養素の働きを補助したり、体調を整えたりすることです。また、ビタミンには多くの種類があり、それぞれに働きが異なっています。特徴を知ることで髪の毛にも良い効果をもたらす栄養素となります。
特に一般的なビタミンには、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。ビタミンB群のうち、B2とB6、ビタミンEは髪の毛の成長には特に欠かせないビタミンてす。
具体的な働きとして、ビタミンB2、B6はタンパク質の働きを補助して髪の成長を促す効果があります。ビタミンB群は1~12までありますので、できればバランスよく摂取すると効果的です。
ビタミンEはアンチエイジングのビタミンとしても知られています。血管の強化に効果的な働きをします。頭皮細胞の働きを阻害する物質の生成を抑える働きもします。
ビタミンには脂溶性と水溶性があります。体に良いからと過剰摂取することは逆に悪影響になることがあります。
ビタミンAは目によいビタミンとして知られていますが、多量に摂取すると頭皮の乾燥、抜け毛の促進などにつながってしまいますので注意が必要です。
過剰摂取をしても水溶性のビタミンは尿とともに排泄されてしまいますが、脂溶性のビタミンAやEは排泄されることがありません。そのため、サプリメントなどで摂取する場合には、容量や用法の厳守が大切です。